HOME>アーカイブ>どんな状態の車でも価値はゼロにはならない

賢い業者の選び方

男女

事故車でもオークションに出品する以上は、1円でも高く売りたいと考えるのが当然です。中古車販売店と違って、オークションであれば相場以上に高い値段をつけてくれる買い手が見つかるかもしれません。ところで中古車販売店の買取価格は店の利益が差し引かれ、それだけ少なくなっています。同様にオークションでは、仲介手数料や出品料などの名目で中間マージンを差し引かれる場合があります。こうした費用は小さければ小さいほど、出品者にとっては手元に残る金額が大きくなるわけです。そこでオークションに出品する際には、できるだけ手数料の少ない業者を選ぶのが正解と言えるでしょう。また事故車専門のオークションは法人しか参加できないことが多いため、個人で参加したい場合は事前によく調べておく必要があります。個人参加を認めている専門業者であれば、特に法人より不利になることはありません。

人気車種はパーツも高い

車の模型とお金

事故車でも軽微な修理で販売できる場合は、オークションでは比較的高い値段がつきます。状態が悪くても海外へ輸出すれば値段のつくケースもあります。修理費用が高額になりすぎて引き合わない場合は、パーツごとにバラして販売されます。人気車種であればパーツになっても多くの需要があります。さらにヴィンテージカーと呼ばれる車になれば、オークションでも予想外の高値で取引される可能性があります。事故車専門のオークションには、さまざまな業者が参加しているため、特殊な需要とマッチングできる機会も多いと考えられます。どんな車でも基本的に価値はゼロにはならないので、水没車や不動車でも諦めずに参加してみることをお勧めします。